HOKKAIDO HOUSING株式会社 北海道ハウジング

Gallery施工事例

土間のある薪ストーブの家

玄関ホールから続く土間空間が印象的な室内。来客時は大きな引き戸を閉めて目隠しに。普段は開けっ放しでオープンな空間に。引き戸はシューズクロークの中に引きこまれる仕組み主暖房となる薪ストーブ。両サイドからウッドデッキに出入りできる。背面の壁にはご主人こだわりの大谷石を採用した薪ストーブまわりの吹き抜けにより縦方向にも開放的な空間。玄関ホールの大きな引き戸にはモールガラスをはめ込んでレトロなイメージに玄関ホール横のシューズクロークは、小さいスペースながら壁一面に棚を造作し、大容量の収納空間に玄関ホールから和室を望む。和室の床は一段高くし引き出し収納を造作。土間との段差に腰掛ければ室内の縁側のような感覚に広々としたオープンなリビングにするため、キッチンはあえて対面にはしないで壁付けのL字型に「厨房のようなキッチンにしたい」という奥さんの希望で造作したステンレスヘアラインのキッチン。窓からは目の前の公園で遊ぶ子どもたちの様子が見渡せる。手前のカウンター下は食品庫キッチン側からリビングを見る。薪ストーブを中心に自然と人が集まる空間になっている造作の洗面化粧台には大きめの実験シンクを採用。広いカウンターで使い勝手もさらにアップ階段を上がると広々としたフリースペース。東側の大きな窓は山を眺める絶景ポイントリビングに光を落とす吹き抜けの大きな窓。薪ストーブの煙突が空間のアクセントに子ども部屋は、壁の一面に自分たちの好きな色をチョイスした2階にある2つの子ども部屋。真ん中に通り抜けできる共有のウォークインクローゼットを設けた。上はロフト空間外壁は塗り壁にテラコート仕上げ。屋根は雪が落ちないアスファルトシングルにした南西側のウッドデッキは薪の一時置き場としても活用