HOKKAIDO HOUSING株式会社 北海道ハウジング

Story家づくりのストーリー

憧れていた素材感あふれる 北欧テイストの家で子育てを満喫

ダイニング脇にしつらえた階段の下には、大容量の収納スペースと飾り棚を造作。棚板と踏み板は、ナラ集成材で統一

憧れていた素材感あふれる
北欧テイストの家で子育てを満喫

 2014年、長女が歩きはじめ、賃貸の住まいが手狭に感じるようになったWさん夫妻。「もっとのびのびと子育てを楽しみたい」と、ご夫妻は新築に向け、土地探しを始めました。そして、依頼先に選んだのが、旭川にある北海道ハウジング。「住宅性能とデザイン、予算。そのバランスが一番よく、温かな応対が気に入りました」。同社は、専業主婦の奥さんが子育てと家事を楽しめるよう、収納計画を充実させ、動線にも配慮したプランを提案しました。
 2015年の暮れに完成した新居は、白とこげ茶を基調にした木造2階建て。カバ無垢の床板を配した室内には、パイン材の建具やガラスブロック、タイル、アイアンなどをアクセントに採用しています。シンプルな空間でそれぞれの素材感が際立ち、奥行きのある表情を与えています。「インテリアの打ち合わせでは、ツボを押さえた提案をさりげなくしてくれて、とても嬉しかったです」と、奥さん。
 内装と共にこだわった住宅性能も万全。建物の内外両側からしっかりとグラスウールで断熱し、換気口が不要な熱交換換気を採用することで、エネルギーを無駄遣いしない住環境を実現しました。「ひと冬暮らしてみて、オール電化でもランニングコストを気にせずに、快適に過ごせました。幹線道路に面していますが、往来する車の音が気にならないのも、気密性の高さの証。北海道ハウジングさんのおかげで、願った以上の子育て環境が整いました」。

DATA

■建築データ

構造規模/木造(在来工法)・2階建て
延床面積/119.24㎡(約36坪)
<主な外部仕上げ> 屋根/ガルバリウム鋼板・ファイバーグラスシングル、外壁/軽量樹脂モルタルテラコート仕上、建具/玄関ドア:断熱ドア、窓:樹脂サッシ
<主な内部仕上げ> 床/カバ無垢フローリング、壁・天井/クロス
<断熱仕様 充填断熱+付加断熱> 基礎/ポリスチレンフォーム(B2)120㎜、壁/高性能グラスウール16㎏105㎜+105㎜、天井/吹込ロックウール300㎜
<暖房方式> 1F:床下放熱 2F:パネルヒーター

■工事期間

平成27年9月〜12月(約4ヵ月)

  • キッチンの裏側にレイアウトされたユーティリティには、モザイクタイルが美しいウッドワンの洗面台を採用

    キッチンの裏側にレイアウトされたユーティリティには、モザイクタイルが美しいウッドワンの洗面台を採用

  • 梁を現しにして天井高を上げ、吹き抜け伝いに自然光がにじむリビングは、開放感たっぷり

    梁を現しにして天井高を上げ、吹き抜け伝いに自然光がにじむリビングは、開放感たっぷり

  • LDKには和室が隣接。その奥に水まわりとコンパクトな動線処理で、効率よく家事や育児が行えるよう配慮

    LDKには和室が隣接。その奥に水まわりとコンパクトな動線処理で、効率よく家事や育児が行えるよう配慮

  • 吹き抜けに設けたハイサイドライトから入る陽射しが心地よい陽だまりをつくる2階フリースペース

    吹き抜けに設けたハイサイドライトから入る陽射しが心地よい陽だまりをつくる2階フリースペース

  • フリースペースの延長に、2つの子ども室がある。カバ無垢床は、子どもがなめても安心な自然派塗料で着色

    フリースペースの延長に、2つの子ども室がある。カバ無垢床は、子どもがなめても安心な自然派塗料で着色

  • ガラスブロックを用い、ニッチを造作した玄関ホールとLDKの間仕切り壁は、奥さんのお気に入り

    ガラスブロックを用い、ニッチを造作した玄関ホールとLDKの間仕切り壁は、奥さんのお気に入り

  • 玄関ドアのアイアンの取っ手、クラシックな門燈、アールの曲線が、すっきりとした外観にアクセントを

    玄関ドアのアイアンの取っ手、クラシックな門燈、アールの曲線が、すっきりとした外観にアクセントを

  • 水色の壁とカバの無垢床、テラコッタタイルを採用した玄関ホール。土間仕様のシューズクロークも完備

    水色の壁とカバの無垢床、テラコッタタイルを採用した玄関ホール。土間仕様のシューズクロークも完備

  • オフホワイトの塗り壁が、直線的なフォルムにやさしい表情をまとわせる外観

    オフホワイトの塗り壁が、直線的なフォルムにやさしい表情をまとわせる外観